TOP > 開発製品紹介 ケミルミネッセンスアナライザー ケミルミネッセンス法

ケミルミネッセンスアナライザー

ケミルミネッセンス法(化学発光)とは

ケミルミネッセンスとは「化学反応において、反応系の分子が励起状態から基底状態になる際に生じる微弱な光」 のことで、この光を検出する方法がケミルミネッセンス法です。
ケミルミネッセンスはケミカル・ルミネッセンス(Chemical Luminescence:化学発光 )のことで単にケミルミ (CL)とも呼ばれます。ケミルミネッセンスは非常に微弱な光のため測定装置は他の光検出装置に比べて超高感度となります。
弊社のケミルミネッセンスアナライザ(CLAシリーズ)は人の眼には見えない非常に微弱な光を測定する装置で、 物質からの発光をフォトン(光子)のレベル(50光子/cm2/sec、蛍の光の一万分の一程度の光、10-14wattレベル) で捉える事が出来る、世界でも最高感度クラスの微弱発光検出装置です。

光を使った分析装置光を使った分析装置

微弱発光の強度について

人の眼には見えない微弱な光は、ケミルミネッセンスの他にも、生物発光、バイオフォトンなどがあります。これらの光を測定することでさまざまな応用に利用できますが、特に有機物が酸化劣化する際に出るケミルミネッセンスを測定して、酸化劣化度の評価に利用します。
弊社装置は酸化劣化由来のケミルミネッセンス検出の他にも、さまざまな分野で利用されています。

微弱発光の強度について

ケミルミネッセンス法の応用分野について

高分子、塗料塗膜、ゴムの早期劣化評価
新素材開発時の酸化安定性評価
添加剤の効果判定、スクリーニング
材料の受入検査
出荷製品の品質管理
成型加工条件の検索
リサイクル材の評価
開発期間短縮
油、食品、化成品の早期酸化劣化評価
品質管理、研究開発期間短縮、出荷管理
抗酸化物質の効果判定
新規物質の探索、最適濃度、組合せの検討
生体試料の微弱発光検出
薬剤効果、疾病研究
微量検出
微量過酸化物、カテキン、過酸化水素等
高感度蛍光検出
がん応用研究、表面分析
2次元発光画像検出
発光部位、酸化過程の確認、多検体同時モニター
その他
電子線照射履歴検出、表面処理モニター、キャビテーション
物理刺激による発光等
Copyright (c) TOHOKU ELECTRONIC INDUSTRIAL Co.,Ltd. All Rights Reserved.