TOP > 開発製品紹介 ケミルミネッセンスアナライザー 装置構成

ケミルミネッセンスアナライザー

ケミルミネッセンスアナライザーは5種類の本体と試料室が用意されています。 使用目的によりそれらを選択、組み合わせて使用することが可能です。画像をクリックすると詳細画面に移動します。

 ケミルミネッセンスアナライザー のカタログダウンロードはこちらから
 CLアプリケーションノート のダウンロードはこちらから
 ケミルミネッセンスの論文一覧 のダウンロードはこちらから
 ケミルミネッセンス研究会の論文一覧 のダウンロードはこちらから

お問合せはこちら

本体

ケミルミ CLA-FS4

CLA-FS4

光電子増倍管を使用した高感度なフォトン計測装置。
輝度の他にもスペクトル測定が可能です。あらゆる用途の研究に活用できる標準品となります。

ケミルミ CLA-ID4

CLA-ID4

光電子増倍管を使用した高感度なフォトン計測装置。
輝度のみの測定が可能です。スペクトル測定が必要ない場合にお勧めです。

CLA-FL2

光電子増倍管を使用した装置。
液体クロマトグラフィーと組み合わせて使用するフロー型専用の本体となります。
測定値は本体背面よりアナログ値(0~1V)で出力され、インテグレータやレコーダー等のデータ処理装置と接続が可能です。

ケミルミ CLA-IMG

CLA-IMG

超高感度CCDカメラを使用した装置。 微弱発光の画像測定が可能で、酸化劣化部位の分布や劣化程度を画像で確認できます。 また多検体の同時測定が可能となります。

ケミルミ CLA-SP3

CLA-SP3

CCDカメラと回折格子を組み合わせた瞬時測光スペクトル測定装置。 短時間(0.1秒)で高分解能スペクトルの測定が可能。 ある程度の発光量が必要ですが、測定時間の積算やスペクトルの経時変化測定も可能です。

お問合せはこちら

試料室

CLS-SH1

CLS-SH1

Maxφ20mmのサンプルが測定できるバッチタイプの加熱試料室です。 室温から350℃までの設定が可能。設定温度までの昇温速度を任意に設定できます。

CLS-ST3

CLS-ST3

Maxφ50mmのサンプルが測定できるバッチタイプの加熱試料室です。 室温から160℃までの設定が可能。さらに高温測定がご希望の場合はオプション対応も可能です。

CLS-MX3

CLS-MX3

Maxφ50mmのサンプルをミキシングしながら測定できるバッチタイプの撹拌試料室です。
室温から100℃までの設定が可能でマグネティックスターラ内蔵タイプです。

CLS-FL

CLS-FL

液体クロマトグラフィー等の送液ポンプと組み合わせて使用するフロー専用の試料室です。
導入ポートが2つあり、試料室内部のミキシングジョイントで混合されてテフロンチューブを巻いた試料部に入り、 ドレインポートにて廃出されます。

CLS-MS

CLS-MS

画像測定(CLA-IMG)用の多検体試料室です。 Maxφ20mmのサンプルを6個設置して同時に測定することが可能です。室温から160℃の設定ができ、雰囲気置換も可能です。

CLS-LA

CLS-LA

光照射用LD(レーザダイオード)を導入し、試料の蛍光を高感度に測定することができる試料室です。

Copyright (c) TOHOKU ELECTRONIC INDUSTRIAL Co.,Ltd. All Rights Reserved.